川崎の温泉

少し肌寒くなって、温泉が恋しい季節になってきました。

川崎に手軽に行ける天然温泉があるのをご存じでしょうか。

幸区の矢向にある「縄文天然温泉 志楽の湯」です。

 

矢向駅の住宅街の中に、ひっそりと在り、私、初めて行ったときは通り過ぎてしまいましたので、

写真付きで案内させていただきます。

 

まず、南武線矢向駅の改札を出て、左手の踏切を渡ります。

 

 

渡った先を、また左折して、線路沿いを立川方面へ向かいながら歩きます。

 

 

つきあたりを右に曲がります。

 

 

少し進むと、斜め左のはす向かいに公園が見えてきます。その公園を左手にそのまま直進します。

公園を過ぎたあたりで、志楽の湯の駐車場の入り口が見えてきます。

 

 

左折して入口に向かいます。

蕎麦創作レストラン「志楽亭」が先にあります。

 

 

その右手が温泉施設の入り口です。

 

 

川崎の都会(?)にあるとは思えない佇まいです。夜は暗いです。

この扉の先が受付になります。

 

 

受付の前に、靴を脱いで、下駄箱へ入れましょう。

その後、受付で料金を払います。

  

脱衣所は、受付の左奥にあります。脱衣所までは渡り廊下的に外に出たりして少々遠く、温泉宿の雰囲気を味わえます。

脱衣所は、返金式のロッカーです。

 

浴室は、床から凝っています。洗い場や、湯船に行くまで縄文道として縄文模様が刻まれています。足裏の刺激が心地良いです。

 

室内にもサウナと数種類の湯舟がありますが、私のお気に入りは、露天風呂です。

信州八ヶ岳から運ばれた安山岩というものが使われているらしいですが、色々な形の岩を組み合わせて湯舟が作られています。どの岩に乗るかで温泉の浸り具合を加減できますし、岩の肌触りがとても気持ち良いのです。

静かな川崎の風を感じながら、長時間、温泉を楽しむことが出来ます。

 

そして、「温泉」なんです。入った後、肌がとてもしっとりするんです。

心も体もリフレッシュ出来る、おすすめスポットです。

老獪なワカサギ

 

関連記事

  1. 茶道の心
  2. アナウンス講座 入門編
  3. 娘=2歳=怪獣
  4. 驚きの仮想空間へ
  5. 新しい出産祝『産後ケア』
  6. ヨガのススメ
  7. 文房具あれこれ
  8. フィギュアスケートの季節

カテゴリー

PAGE TOP