Go To カンボジア

GoToトラベルキャンペーンのアレコレが世間をにぎわせているようです。

「こんなときに旅行なんてけしからん!感染が拡大したらどうする!」という人もいれば、

「そんなこと言っていつまでもみんなが引きこもっていたらウイルスに感染するかしないかに関わらず観光業が死ぬだろうが!」という人もいるようです。

 

私の周りでも、旅行しようと思っていたけれど東京から出ない方がいいみたいだからやめておこうかな?

と言っている慎重派もいれば、コロナ以前と変わらないペースで外食などをして過ごしているリスク許容派もいます。

 

同じ事象に対して各人の捉え方や行動変容の程度に差があるのが興味深いですが、

渡航制限等もある以上どんな方にとっても海外旅行が難しい状況なのは共通するのではないでしょうか。

 

個人的にも次にいつ海外に行けるのかわからないので直近に行った海外ということでカンボジアの写真をいくつか紹介いたします。

 

カンボジア旅行の大定番アンコールワットは世界中から観光客を集めるのも納得の圧倒的な迫力と美しさでした。

外観も素晴らしいですが、中に入ってみると複雑に入り組んだ当時の建築技術に驚かされます。

また、ひとくちにアンコールワットといっても全体はかなり広いので1日では足りないくらいの見どころがあります。

ただ、日本でいう京都のようなものか観光客がものすごく多いためかなり混雑しているのが玉に瑕です。

 

他に印象に残ったのがコーケー遺跡群やベンメリアといった郊外にある遺跡群。

アンコールワットのある町シェムリアップから車で1.5時間程度かかりますが、

ジャングルの中にある遺跡群で大自然と遺跡の組み合わせで神秘的な雰囲気が味わえます。

 

うろ覚えですが滞在中に食べた食事(クメール料理)もとてもおいしかったように思います。

何でもおいしく食べられるタイプの人間なので参考になるかどうかは分かりませんが、

カレーや炒め物など日本人に合った味付けだと思いました。

 

そんなわけでいつになるのかわかりませんが、いろいろ落ち着いた後の旅先の候補の一つとしてGoToカンボジア、おススメです!

 

会計士のクラウンアネモネフィッシュ

関連記事

  1. 出汁のある生活
  2. 初対面で第一印象を良くするには
  3. お宮参り
  4. 早朝ウォーキング
  5. 温泉へ行こう!
  6. ヤクルト応援しに東京ドームへ行ってみた。
  7. セミ
  8. 温泉へ行こう PartⅡ

カテゴリー

PAGE TOP