緊張をとるために…

皆様、はじめまして。

7月に入社して、3週間が経ちました。今回初めてのブログとなります。

何事も、初めてというのは緊張するものですね。

私は元々緊張しやすい性質でして、これまでも様々な場面で緊張との戦いを繰り広げて参りました。

 

私の場合、ひどく緊張した時には、

・心臓が激しく暴れだす

・手足が小刻みに振動する

・脳内が一面真っ白に染まる

といった現象が起こります。

なんとかせねばと思い、過去に購入した本がこちら。

 

 

「緊張をとる」著:伊藤丈恭

 

約350ページに渡り、緊張を緩和する方法が記されています。精神論から具体的な身体アプローチまで、段階を追って丁寧に説明してくれます。

この本全体がひとつの物語になっていて、数名の登場人物の対話形式で書かれている為、芝居の台本を読んでいるような感覚で読むことが出来ます。

 

内容をざっくりいうと、

・緊張の種類を把握する

・不安をとる為の準備

・ポジティブとネガティブの使い分け

・脱力と集中力のバランス

・楽しむ

これらが特に大事なポイントみたいです。

 

購入当時は繰り返し読んで助けられた本でしたが、ここしばらくは眠らせており…

先日、改めて読んでみて色々と思い出し、初心を蘇らせてくれました。

緊張をとるエクササイズ、おすすめです。

変顔あり、声出しあり、ダンスありなので、なかなか刺激的な形相になります。人前では難しいかもですが、家や個室などでやってみよう!

 

まだまだ未熟ではありますが、緊張と上手く付き合いながら、成長していけるよう精進いたします。

 

Zone out Atka mackerel

関連記事

  1. Go To カンボジア
  2. アナウンス講座 入門編
  3. 入学式
  4. 娘=2歳=怪獣
  5. バスツアーのおススメ
  6. ミュシャ展
  7. 遺伝
  8. 温泉へ行こう PartⅡ

カテゴリー

PAGE TOP