フィギュアスケートの季節

フィギュアスケートを見るのが好きです。

長くフィギュア界をリードしてきた浅田選手が引退されたのは残念ですが、今季はオリンピックもあり、羽生結弦さんのようなスター選手もたくさんいるので、勝負の行方が楽しみです。

 

ふだん他のスポーツはほとんど見ないのに、なぜフィギュアには魅かれるのかと考えてみました。

単純に、音楽と演技が融合するさまが美しく、見ていて楽しいというのもありますが、フィギュアというスポーツの特徴にも関係があるかもしれません。

 

まず、個人競技であること。

試合といえども、選手が闘っているのは選手自身なのではないかと思えます。ふだんはひたすら孤独な練習に耐え、演技の場ではプレッシャーの中で全力を出す。その精神力は並大抵のものではありません。

そして、勝負はジャッジという他人の評価で決まること。

いくら自分が納得する演技をしても、人に評価されなければ結果は出ません。

演技後に、得点を待っている間の選手の表情には、満足感だったり落胆だったり、いろいろな感情がうかがえます。

 

「自己研鑚+他人の評価」の両面が必要とされ、しかも思うような結果が出ないというのは、自分が仕事をする上でもよくあることなので(たとえば税務調査で申告書が否認されるとか・・・?)、見ていてどこか感情移入するのかもしれませんね。

 

仕事の繁忙期と重なりますが、フィギュアスケートの季節を楽しみたいと思います。

 

                             (名前)イナバウアー

 

 

関連記事

  1. 鈴木屋 江戸情緒が漂う粋な屋形船
  2. おむすびころりん
  3. 文房具あれこれ
  4. 免疫力アップ!!
  5. 自己紹介
  6. ロシア料理を食べに行こう
  7. 夏の過ごし方
  8. 娘=2歳=怪獣

カテゴリー

PAGE TOP