アナウンス講座 入門編

「人に何かを伝えるときに大切なことはなんだと思いますか。」

アナウンス講座で講師からの質問です。

回答は

「相手にとって聞き取りやすい声」

を出すことでした。

 

回答を聞くと当たり前のように感じますが、実際やるとなると、なかなか難しいものがあります。

 

「適度な大きさで」

「クリーンな声で」

「聞き取りやすい声」

このような声を出すために行うこととは

 

① 腹式呼吸は姿勢を意識する。

② 表情は笑顔で。

③ 口を縦にあける(縦口)。

④ 滑舌については、鼻濁音、無声音に気をつけて語尾は下げる。

①-④が基本となります。

これらを実践することによって、話し方に自分らしさがでるそうです。

 

滑舌の練習(すきま時間にどうぞ♪)

・第五交響曲に観客驚愕

・どじょうにょろにょろ三にょろにょろ 合わせてにょろにょろ六にょろにょろ

・青巻紙 赤巻紙 黄巻紙

今回は入門編でしたが、知らないことがたくさんあり勉強になりました。

「美しい日本語」「聞き取りやすい声」を使えるようになると、今よりもコミュニケーション上手になっていくのではないでしょうか。

これから、話し方を意識していきたいです。次回は、実践編の講座に行ってきます。

ゆるっとベタ

 

関連記事

  1. パワーチャージ♪
  2. バスツアーのおススメ
  3. ワクチン
  4. 銀杏
  5. イチローダイエット
  6. 令和元年
  7. 1人旅行デビュー
  8. 古希祝い

カテゴリー

PAGE TOP