総理の夫

“総理の夫”?

“総理の妻”=アッキ―の間違いでは?

間違いでは、ありません!!

これは、史上初の女性総理大臣 相馬凜子(りんこ)が、日本のために頑張っている様子を、夫である日和(ひより)が日記に記した物語の本のタイトルです。

 

作家は『カフ―を待ちわびて』で、日本ラブストーリー大賞を受賞し、小説家デビューをした、原田マハという女性作家です。

私は今、この作家の小説にハマっています。()カフ―とは沖縄の言葉で “幸せ” という意味。

きっかけは、書店のコーナーで何を読もうか探していた時、目に飛び込んできたのが『本日は、お日柄もよく』というタイトルの文庫本でした。

結婚式の挨拶のような文言で、ちょっと興味をそそられ、買ってしまったのがきっかけでした。

読後感が凄くよく、何か幸せな気分にさせてくれました。

それからは、文庫本になっている、原田マハの作品を読み続け、ほとんど制覇してしまいました。

 

原田マハの作品のひとつである “総理の夫” では、日和が総理大臣 相馬凜子の為に、自分の行動を控えながら支えていくのですが、総理の妻=アッキーは逆に、最近色々目立っていますね。

この本の解説を書いているのが、こともあろうに安部昭恵さんで、絶賛しているんですけどね・・・・・・。

 

原田マハ、一度読んでみて下さい!!

爽やかな気分になりますよ・・・・・・。

筆者:駅伝オタク

 

関連記事

  1. 娘の宝物
  2. そっくり館キサラへ行く
  3. 駒沢公園スケートパーク
  4. 古希祝い
  5. おむすびころりん
  6. 早朝ウォーキング
  7. 姫路城
  8. 緊張をとるために…

カテゴリー

PAGE TOP